WiMAX徹底比較

WiMAXプロバイダーを徹底比較&ランキング!
WiMAX比較&ランキング!ワイマックス.jp > コラム > いくらかかるの?WiMAXの基本の料金プラン

いくらかかるの?WiMAXの基本の料金プラン

貯金箱の画像

WiMAXを契約する際には、プロバイダーを決めたあとに料金プランを選ばなければいけません。携帯を契約する時にも、自分がどんなふうに携帯を使うかによって料金プランを決めますよね。

WiMAXの料金プランは大きく分けて2つしかなく、とってもシンプルです!それでは早速見ていきましょう!

このページでわかること

  • どんなプランがあるか
  • 各プランの内容
  • 各プランの速度制限について
  • プランの選び方
  • 契約年数について

WiMAXの料金プランは2種類!

どのプロバイダーでも、用意されているプランはだいたい同じです。

  • 通常プラン
  • ギガ放題プラン

この二つのプランが軸となっています。更にこの中で2年契約3年契約など契約年数が異なる場合があります。。
それでは、各プランについて詳しく見ていきましょう!

通常プラン

通常プランは月のデータ通信量が7GBまでのプランです。 データ通信量が月7GBを超えると速度制限がかかり、翌月にはいるまで制限は解除できません。また、スマホのようにデータを○GB買って増やす、ということもできないので注意してください。

メールやLINE、軽いネットサーフィン程度なら毎日していても7GBを超えることはないでしょう。こちらのプランはギガ放題プランより600~1000円程度安くなっています。(プロバイダーによって値段はかわります)

現在のスマホのデータ通信量を見てみて、毎月5GBいくかいかないか…という方はこちらのプランでも大丈夫かもしれません。

制限がかかるとどのくらいの速度になるの?

もし7GBを超えてしまった場合は、通信速度が128kbpsまで落ちてしまいます。

と言われても128kbpsってどのくらいの遅さなのかわからないですよね。「kbps」は速度の単位で、数字が大きければ大きいほど速度が速いということになります。

普段、制限がかかっていない時の速度を計算してみたところ、私の携帯は24.3Mbpsでした。これをkbpsの単位に合わせて計算してみると…

制限前24.3Mbps→【24300kbps】
制限後→【128kbps】

どうでしょう。なんと制限後は普段の190分の1の遅さです。

画像の読み込み、ましてや動画再生なんてほぼできません。ネットのページを表示するのにもかなりの時間がかかります。しかし、メールやLINEは100kbps程度あれば可能なのでそこまで困ることはありません(画像や動画のやりとりは同じく厳しいです)。

制限がかかると、連絡以外の操作はほぼできないと考えてよさそうです。

ギガ放題プラン

ギガ放題プランとは、月のデータ通信量制限のない使い放題プランです。月に20GBつかっても100GB使っても料金は変わらず定額です。

しかし、3日間のデータ通信量合計が10GB以上になってしまうと、一時的に速度制限がかかります。どの程度かかるかというと、10GBをこえた次の日の18時から夜中の2時ごろまでの約8時間。なので1日我慢してしまえば、次の日には使えるようになっているということです。

制限がかかるとどのくらいの速度になるの?

3日間で10GB使用した場合、翌日18時~翌々日2時まで速度がおおむね1Mbpsまで落とされます。1Mbpsは1000kbpsなので、通常プランの128kbpsになる速度制限よりは優しくなっています。

メール、LINEのやり取りはもちろん問題なし、YouTubeの通常画質くらいなら少し待てば見られるくらいです。しかし、「おおむね1Mbps」なのでそれ以下になることもあります。場所によってはかなりつながりづらくなってしまうこともあるので、1Mbpsをあまり信じすぎない方がいいかもしれません。

ハイスピードプラスエリアモードについて

ルーターには、WiMAX回線と4GLTE回線の両方を使って接続する「ハイスピードプラスエリアモード」というモードがついています。

これはWiMAXの電波がない場所では自動的に4GLTEの電波を拾って接続するというものです。しかしこのモードでの通信量が月合計7GBを超えてしまうと、ギガ放題の方でも月末まで速度制限がかかります!3日間の速度制限のように特定の数時間だけではなく、月末までです。通常プランと同じですね。速度も1Mbpsではなく128kbpsまで減速となりますのでご注意ください。

さらに、このモードを使用すると、月額約1084円が追加されます(プロバイダーによって値段は若干変動します)。月に何回使用してもこれ以上かかることはありませんが、ハイスピードプラスエリアモードは緊急の時以外は使用しないほうが良いでしょう。

この各モードについてはこちらで詳しく説明しております→ルーター(端末)の選びかた

どのプランを選ぶべきか?

プランの違いはわかったけど、どっちを選べばいいかわからない…という方はこちらを参考にしてみてください。

自分がWiMAXを使ってどれだけネットを使用するか考えてみましょう。

  • 動画を毎日長時間見る
  • オンラインゲームをたくさんやる
  • 携帯以外でもWiMAX回線を使いたい
  • 家族や複数人で使用したい

このような方は断然ギガ放題プランがおすすめです。3日間で10GB以上使用すると制限はかかってしまいますが、たいていは8時間程度で制限は解除されます。

月7GBは動画を見る方にとってはあっという間です。契約時からギガ放題を選択することをおすすめします!

通常プランは

  • 出張や屋外でパソコンを使用したい
  • メールやネットサーフィンだけ楽しむ
  • 動画はあまり見ない

という方におすすめです。そんなにネットを使用するわけではないけど、ないと少し不便…という方向けですね。

メールや軽いネットサーフィンだけで月7GBを越すことはないでしょう。 また、ほとんどのプロバイダーで毎月プラン変更をすることができます。来月はたくさんネットを使うとわかっていればその月だけギガ放題プランにすることも可能です。

最初の2カ月間はギガ放題プランの月額料金が割引になっていることが多いので、最初はギガ放題プランで申し込みをしてから様子見もありでしょう。

プラン料金について

「プロバイダーとは?」で説明したとおり、プラン料金はプロバイダーによって大きく異なります。 多くのプロバイダーは以下のような価格設定をしていることが多いです。

ギガ放題プランの料金

  • 最初の1~2カ月間(利用開始月を0カ月目とします)の月額料金が安くなっている
  • 3カ月目からは基本料金となり、24カ月目まで月額料金が変わらない
  • 利用開始月は日割り計算

通常プランの料金

  • 1カ月目から24カ月目までは月額料金がかわらない
  • 利用開始月は日割り計算

契約して2年が経過する、つまり25カ月目からは24カ月目まで適用されていた割引がなくなって月額料金があがることもありますし、これまでと同様に値段が変わらないこともあります。この辺はプロバイダーによって異なります。

まとめると、期間によって月額料金が変化するということですね。請求を見てからびっくりしないようにあらかじめチェックが必要です!

契約年数について

次はプランの契約年数についてです。 通常、どこのプロバイダーも3年契約が基本です。契約更新は自動更新で、特に手続きをしなければそのまま継続となります。

先ほどルーターのハイスピードプラスエリアモードを使用すると月額約1084円が発生すると書きましたが、3年契約ではなんとハイスピードプラスエリアモードを使用しても月額料金がかかりません!無料でハイスピードプラスエリアモードを使用することができるんです。

2年契約を選ぶことができるプロバイダーもありますが、2年契約では無料にならないので注意しましょう。

ギガ放題プラン、通常プランどちらも3年契約が可能となっています。WiMAX回線のみじゃ不安、という方は3年契約できるプロバイダーがおすすめですよ。

まとめ

  • どのプロバイダーにも通常プランとギガ放題プランがある
  • 通常プランは月7GBまでのデータ通信量制限がある
  • ギガ放題プランはデータ通信量の制限がない
  • ギガ放題プランでも3日間で10GB使用すると速度制限がかかる
  • プロバイダーによって用意している契約年数が異なる

基本の料金プランと、プラン内容についてご説明いたしました。 当サイトではプラン料金を比較しランキングにしたページもありますので、ぜひご覧ください。