WiMAX徹底比較

WiMAXプロバイダーを徹底比較&ランキング!
WiMAX比較&ランキング!ワイマックス.jp > コラム > 【画像付き】WiMAXを無料でお試しレンタル・契約キャンセルする方法

【画像付き】WiMAXを無料でお試しレンタル・契約キャンセルする方法

Try WiMAX

WiMAXは“無料”お試しレンタルができます!

「WiMAXが気になるけど、うまくつながらなかったらどうしよう?」
「思ったよりも電波が悪くてキャンセルしたいけど、違約金は払いたくない…」
「まずは電波が入るか確かめてみたい!」
「うちではどのくらいの速度が出るんだろう?」

WiMAXを契約するにあたって、このような点を気にする声を多く聞きます。 WiMAXは地域や室内状況によっても電波が左右されるため、本当につながるのかどうか不安ですよね。

エリア確認をして契約したのに、家では電波が弱くて使えない…なんて口コミも聞いたことがあります。

こんな事態を避けるために、実はWiMAXはお試しでレンタルすることができるんです!

お試しをすることで

  • 自分の家でどのくらいの速度がでるのか?
  • 新しいルーターの機能や使いやすさはどうか?
  • 仕事場やよく行くカフェなど、行動範囲内でも問題なく使えるか?
  • クレードルは必要か?

などを確かめることができますよ。

このページではお試しレンタルができるプロバイダーをご紹介いたします。

UQ WiMAXの「Try WiMAX」

WiMAXの本家であるUQ WiMAX。
公式ホームページではあまり目立っていませんが、実は完全無料でお試しレンタルを実施しています!

  • 登録料・通信料・レンタル料・配送費用などは一切なし
  • 15日間お試しすることができる
  • クレードル付きルーターも無料でお試しレンタルができる

とメリットだらけ!
「WiMAXを使うのは初めてだし不安…と」いう方はぜひTry WiMAXでお試しすることをおすすめします!

Try WiMAXを申し込む前に確認すること

申し込み条件は満たしていますか?

Try WiMAXには申し込みの条件がいくつかあります。

  • 日本国内に在住の20歳以上の方
  • 申込者で本人名義のクレジットカードを持っている方
  • 過去90日間以内にTry WiMAXの利用履歴がない、ルーターの未返却履歴がない方
  • 利用規約に同意できる方

上記の条件を満たしている方のみ申し込みができます。

申し込みをする際にはクレジット-カードの登録が必要になりますが、これはルーター返却が遅れた場合やそのまま返却しなかった場合に、UQ側がルーター代を請求するためです。
そのため、申込時に2万円ほどショッピング枠が抑えられますが、15日以内にルーターを返却すればもとに戻りますのでご安心ください。

未成年の方で本人名義のクレジットカードを持っていない場合は保護者の方の同意を得て、保護者の方名義で申し込みをしましょう。必ず保護者の同意を得て申し込みをしてくださいね。

エリア判定でWiMAX圏内か確認!

まずは申し込みをする前にエリア確認をしましょう。

お住まいがWiMAX2+回線(現在WiMAXで使用しているネット回線の名前)の対応エリアかどうか調べる必要があります。
こちらでは地図上でエリア確認する方法と「ピンポイントエリア判定」という住所を入力してエリア判定を行う方法がありますので、可能な限りピンポイントエリア判定を行うことをおすすめします。

判定結果が“◯”でも満足につながらない可能性があります!

WiMAXの電波は障害物に弱いという特徴があります。判定結果が“◯”でも、使用場所が地下だったり、立地が悪かったりすると電波の受信状況が悪くなる可能性があるのです。

また、WiMAXの使用者は近年かなり増えてきているため、偶然WiMAXの使用者が密集してしまうと速度が落ちてしまうことも。
このように、結果が“◯”だからと言って問題なく使えるというわけではありません。

判定結果が“△”や“×”の場合はどうすればいいの?

判定結果が“△”の場合は、必ずTry WiMAXにお申し込みをして、WiMAXがつながるかどうか確認してください。

基本的に、判定結果が“◯”でなければ速度は安定しないと考えていいでしょう。
判定結果が“×”の場合は、残念ですが契約を諦めましょう…。LTEの場合はつながることがありますが、LTEを使用するモードは別途月額料金がかかりますし、ギガ放題プランでも7GBまでしか使用できません。

UQ WiMAXではサービスエリアに関して要望を出すことができますので、一つの声として要望を出してみるのも手かもしれませんね。

Try WiMAXの申し込み方法

エリア確認が済んだら、申し込みページからレンタル申し込みの仮登録を行います。

手順:1

Try WiMAX申し込み画面

こちらからTry WiMAXのページにアクセスしてください。
Try WiMAXお申し込みページ
「Try WiMAXのお申し込み」をクリック!

手順:2

try WiMAX 手順1

「同意する」にチェックを入れ、「申し込む」をクリックします。

手順:3

Try WiMAX 手順2

メールアドレス、携帯番号を入力して「仮登録」をクリックします。
※ショートメール(携帯番号で届くメール)を希望する場合はSMSにチェックを入れましょう!

手順:4

仮登録 手順4

開通コードがSMS(ショートメール)に、本登録のためのアドレスがメールに送られてきました。SMSに記載されている「申込番号」とメールに記載されている「申込番号」が同じになっているか確認しましょう。
同じであれば、メールの下部にある認証URLをクリック!

手順:5

Try WiMAX 手順5

URLをクリックすると、先ほどの申込番号はすでに記載されていますので、SMSに記載されていた開通コードを下の空欄に入力します。
入力したら「確認する」をクリック。

手順:6

TryWiMAX 手順6

間違いなく入力すると、上のような画面がでてきます。
まずは使いたいルーターを選択しましょう!赤字で書いてある通り、“在庫なし”となっている場合は午後4時~8時ごろに試してみてください。

今回は2017年11月に発売されたWX04をレンタルします!

下にスクロールすると、名前や住所等の個人情報と簡単なアンケートがあるので記入していきます。入力し終わったら「確認」ボタンを押します。

手順:7

TryWiMAX 手順7

「確認」を押すと、先ほど入力した情報が一覧で出てきますので、問題なければ下にある「登録」ボタンを押します。

これでTry WiMAXの申し込みは完了です!
最初に入力したメールアドレス宛てに申し込み完了メールが届きますので、一応確認しましょう。

何も問題がなければ、メールにあるとおり2~3日でルーターが送られてきます。
出荷完了後に「貸出開始日」と「返却予定日」が記載されたメールが届きますので、こちらで必ず「返却予定日」を確認しましょう。 この予定日を過ぎてしまうとルーター代を支払うことになってしまいます。(約2万円)

Try WiMAXの起動・設定方法

Try WiMAXが届いたら早速開封しましょう! 画像付きで設定方法を解説いたします。

お試しの期間は短いので、できるだけ早くつながるか試してくださいね。

中身の確認

Try WiMAX外装

Try WiMAXと書かれた専用の袋に入れられて届きました。今回はゆうパックでの配送でした。

中には、ルーター本体(WX04)、充電アダプター(コンセントとUSBのもの2本)、チラシ、返送用の伝票、つなぎかたガイド、使用前の確認のがはいっています。

設定手順

WiMAX電源

左上側面にある電源ボタンを長押しして電源を入れます。

通信料超過のメッセージ

数秒で起動しましたが、「データ通信料が超過しました」とのメッセージが!

初期化

このままでは使えないので、”使用前の確認”にかかれている、初期化を行います。
メニュー画面から「設定」→「メンテナンス」→「初期化」の順でタップ。初期化がおわると自動的に再起動します。

無線LAN設定

再起動が終了したら、続いて無線LANの設定をする画面がでてきます。今回はiPhone7につなげてみます!

無線LAN設定

iPhoneはiOS機器なので「手動入力」を選択します。そうすると、SSIDパスワードが表示されます。
iPhoneでは、「設定」ページから「Wi-Fi」をタップ。

iphone設定

SSIDに書かれているものと同じネットワークを選択し、パスワードを入力します。

以上で設定完了です!

レンタル開始後の注意点

行動範囲内でつながるかどうか確認しましょう!

先にも書いた通り、WiMAXは障害物に弱い電波となっています。エリア安定で“◯”だった場合でも、立地によってはあまり通信速度がでない場合があります。

使用する予定があるところでは、WiMAXの電波が入るかどうかテストしてみましょう。少し位置がずれただけでも電波が弱くなったり強くなったりすることもあります。
家の中だけではなく、職場やよく行く施設、よく利用するカフェなどできるだけいろいろなところで試してみましょう。

返却期限に注意!

Try WiMAXの貸出期間は15日間ですが、これはルーターが発送されてから、返却してUQ WiMAXへルーターが届くまでの期間を指します。 なので、15日間まるまるお試しできるわけではありません!

もし返却の期日を過ぎてしまうと二万円以上のルーター代がかかってしまいます。これではまったく意味がありませんね。
日付に余裕をもって返却しましょう。行動範囲でつながるかの確認が済んだらすぐに返却することをおすすめします。不安な方は携帯などのカレンダー機能等を使用してみるといいかもしれませんね。

一緒に入っている広告チラシからは契約しないこと!

ルーターをレンタルすると、以下のようなチラシが一緒にはいっていると思います。(こちらは2017年12月のものです)

Try WiMAX同梱(どうこん)のチラシ

WiMAXをこれからも使用したい、契約したいと思ってもこのチラシからは絶対に申し込みしないでください!

UQ WiMAXはWiMAX回線を所持している親もとですが、他のプロバイダーより月額料金が高めとなっています。 このチラシから申し込んでしまうと、3万円以上損することも…!?

申し込む場合は他のプロバイダーを比較し、一番自分にあったプロバイダーを選びましょう。 プロバイダーによって通信速度が変わることはないので安心してくださいね。

東京都内の通信速度をチェック!

Try WiMAXで届いたWX04を使って、実際に都内の主要駅での通信速度をチェックしてみました!
調べたのは新宿・池袋・渋谷・品川・東京の駅や街中です。平日の昼間ですが、どこもかなりの人混みでした。

新宿

新宿駅ホーム

まずは新宿駅から。新宿駅の山手線ホームで測定したものです。
下りは18.27Mbpsとまずまずの速度。とはいっても動画もゲームもさくさく動きますので全く問題ありません。

新宿のビル内

新宿ビル

こちらは新宿にある某オフィスビルで測定しました。
左が室内奥、右が窓際で測定したものです。かなりの速度差がでましたね!やはり窓際だと電波が届きやすいようです。ちなみに、室内奥と窓際の距離は4~5mほど。

池袋

池袋駅ホーム

こちらは池袋駅山手線ホームで測定。15Mbpsとまぁまぁ普通の速度です。

池袋サンシャイン

続いて、池袋サンシャイン付近。人混みにもかかわらずかなりの速度がでました!
屋外の使用も問題なさそうです。

渋谷

渋谷駅ホーム

渋谷駅の山手線ホームです。新宿、池袋のホームより速いですね!

ハチ公前

渋谷の待ち合わせといえばここ。
海外の旅行客も多いせいでしょうか?速度は他より遅めでした。

品川

品川駅ホーム

続いて品川駅山手線ホームへ。新幹線も停車するため人の往来が多い駅ですが、22.97Mbpsとなかなかの速さです!

東京

東京駅ホーム

品川駅から山手線で5駅先、東京駅山手線ホームで測定しました。
品川駅と同じくらいの速度ですね。

東京駅構内

さらに、東京駅地下と1階の奥にある飲食店で測定。WiMAXは地下や建物内では電波が弱くなると言われていますが、なんとどちらもかなりの速度がでました!
場所にもよると思いますが、東京駅では地下でも電波が入りやすいようです。

渋谷・ハチ公前では10Mbpsをきってしまいましたが、5MbpsもあればYouTubeなどの動画サイトでも高画質で見ることができますのでご安心ください。

Try WiMAXを使用してみた感想としては、「特に不便はなかった」という感じですね。移動中に動画も見てみましたが、待つこともなく速攻で見ることができました。
Amazonプライム等のストリーミング再生も止まらず、見終わるまで画質が落ちることもありませんでした!
ルーター本体は邪魔になるかなと思っていたのですが、WX04は手のひらサイズで、カバンの中でも場所をとりません。

初期設定も簡単で、上記の通りに操作すればすぐに利用することができますよ!

UQ WiMAX以外でもお試しレンタルができる!?

上記ではUQ WiMAXが提供している無料お試しレンタルについて解説いたしました。
が、実はUQ WiMAX以外でもお試しに似たサービスがあるんです!

これから紹介するプロバイダーは完全無料ではありませんが、もしいやになってしまっても8日以内であれば違約金無しで解約することができます。
さらに、お試しレンタルとは違ってそのまま利用したい場合は返却せずに使用することが可能です!Try WiMAXは継続して利用したいと思っても一度は返却し、また契約しなおさなくてはいけません。

以下のプロバイダーなら。UQ WiMAXよりも安く・お得に契約することができます!

BroadWiMAX

BroadWiMAX

BroadWiMAXでは、契約後に7日間以内に商品を返送すれば違約金なしでキャンセルができるというサービスを行っています。
こちらはお試しレンタルというわけではないので、完全無料ではありません。一度契約を行ってから、違約金が発生しないキャンセルをするというものです。そのため、契約手数料の3240円(税込み)と返送料はご自身で負担となりますのでご注意ください。

レンタルではないので、WiMAXを使用してみて満足すれば返却は必要ありません。 なので、お試しと契約を兼ねたものと考えて良いでしょう。

BroadWiMAXでのキャンセル手順

BroadWiMAX キャンセル手順
  1. ルーター(端末)到着後8日以内に、電話でキャンセル申請をする
  2. 申請が完了したら、必要なものを端末配送時の箱に入れて7日以内に返送する
  3. 期限内に商品の返送が確認されれば、キャンセルは完了!

一番おすすめのBroadWiMAX

  • かかる初期費用は事務手数料のみ、端末代も無料
  • ライトプラン(月7GB制限のプラン)なら月額3000円以下
  • ギガ放題プラン(通信制限なしプラン)でも定額3683円
  • 3年プランなら最新機種WX04を選べる
  • 即日配送対応

などなど、お得なポイントが盛りだくさん。
取りあえず試してみるだけ、の方はTry WiMAXでのお試しレンタルがおすすめですが、そのまま利用も考えているならこちらのサービスを知っておくと、万が一のことがあっても安心ですよね。

BroadWiMAXは即日発送にも対応しておりますし、都内にお住みの方はなんと申し込み当日に店頭受け取りが可能(渋谷店・秋葉原店・大宮店)。申し込みをすればすぐに利用できるんです!

月額料金も安く、キャッシュバックの受け取りについて心配する必要もありません。
詳しくは以下のページで紹介していますので、ぜひご覧ください!

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBでも、ルーターが到着してから8日以内に返却することで違約金や端末代の支払いをせずに解約することができます。

そしてさらに、20日以内にルーターを返品すると違約金負担なしで解約が可能となっています。
こちらは8日以内返品と異なり、条件が複数あります。

20日以内キャンセルの条件

  1. 申し込み住所が、ピンポイントエリア判定で「◯」の方のみ
    (「◯~△」「△」「×」の方はサービス対象外)
  2. 返却前に必ず電話受付が必要
  3. 申込日を1日目として、20日以内にGMOとくとくBBでルーターの返品を確認できた場合
  4. 事務手数料の他に、月額利用料、クレードル代金、返送料はご自身で負担

ひとつずつ確認していきましょう。

(1)申し込み住所が、ピンポイントエリア判定で「◯」の方のみ
(「◯~△」「△」「×」の方はサービス対象外)

こちらはWiMAX自体を申し込む前に確認していなければいけません。
WiMAX2+ピンポイントエリア判定は、入力された住所がエリア範囲内か、電波が十分届くエリアであるかを「◯」「◯~△」「△」「×」で判定してくれるものです。

違約金無料キャンセルを利用するしない関係なしに、申し込み前には必ずエリア判定することをおすすめします!

20日以内キャンセルを利用する場合は、判定が「◯」でなければ適用することができません。
「◯~△」「△」の場合はUQ WiMAXの「Try WiMAX」を利用するか、8日以内キャンセルを利用しましょう。8日以内キャンセルでは判定結果関係なしにキャンセルができます。

(2)返却前に必ず電話受付が必要

8日以内返却とは異なり、事前にキャンセル受付が必要になります。
契約から8日を過ぎ、20日未満で契約を解除したくなった場合は

「GMOとくとくBB」お客様センター
(平日10:00~19:00)
0570-045-109

まずは上記に電話をしてキャンセルの受付をします。 受付が完了したら、下記の宛先にすぐにルーターを送りましょう。(返送料はご自身負担となります!)

【WiMAX2+ 返送先】
〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
GMOインターネット株式会社
GMOとくとくBB 行
(TEL:0570-045-109)

※こちらの情報は2017年12月のものとなります。キャンセルする場合は念のため、公式サイトで宛先をご確認ください。

(3)申込日を1日目として、20日以内にGMOとくとくBBでルーターの返品を確認できた場合

注意していただきたいのが、申込日が1日目であるということです。ルーターが到着した日ではありません!

そして、20日目にGMOとくとくBBにルーターが届いていないといけません。20日目にルーターを返送しても遅いということです。
返送にかかる日数を計算して、余裕をもって返送しましょう。キャンセルの受付をしたらすぐに返送することをおすすめします。

(4)事務手数料の他に、月額利用料、クレードル代金、返送料はご自身で負担

8日以内キャンセルで負担するのは事務手数料と返送料のみですが、20日以内キャンセルではその他に月額利用料とクレードル代金も支払わなければいけません。

月額利用料は、ルーターの発送日からその月の末日までの日割り料金+その翌月の1カ月分となります。
もしギガ放題を契約し、ルーターが12月15日に届いたと仮定すると、

残り16日分の日割り料金:2000円
翌月の1カ月分:3897円
=5897円
(全て税込み計算)

となります。これに事務手数料3240円をあわせると9137円、返送料も負担になるので1万円ほどはかかってしまいます。
なので、なるべく8日以内のキャンセルを利用したほうがいいですね。万が一8日を過ぎてしまった場合のみ、こちらのサービスを利用しましょう。

8日以内返品はどのプロバイダーでもできる?

BroadWiMAX、GMOとくとくBBで行っている8日以内返品のサービスは、実は「初期契約解除制度」という制度のことを指します。

初期契約解除制度とは、2016年5月21日に施行された改正電気通信事業法令の中で新しく導入された制度です。

一定の範囲の電気通信サービスの契約について、契約書面の受領日を初日とする8日間※ が経過するまでは、電気通信事業者の合意なく利用者の都合のみにより契約を解除できる制度です。
※ 移動通信サービスでサービスの提供開始日が契約書面の受領日より遅い場合は、その提供開始日を初日とする8日間となります。

出典:総務省電気通信サービスQ&A抜粋

WiMAXはこの初期契約解除制度の対象サービスとなっているため、実は全プロバイダーで適用となっています。
しかし、この制度について大きく記載しているのはBroadWiMAXのみ。他のプロバイダーでは利用規約や重要事項説明のページなどに小さく載っているだけです。

この制度を利用しないと2万円ほどの違約金を払わなければいけません。
制度の申請方法はプロバイダーによって異なりますので、契約時に申請方法を確認しておくことをおすすめします。

まとめ

プロバイダー UQ WiMAX
UQ WiMAX
BroadWiMAX
BroadWiMAX
GMOとくとくBB
GMOとくとくBB
サービス お試し登録のみ 一度契約 一度契約
お試し日数 15日間 8日間 8日間 20日間
費用 完全無料 ・手数料3240円
・返送料
・手数料3240円
・返送料
・手数料3240円
・返送料
・月額料金
返却有無 あり なし(続けて使用可) なし(続けて使用可)

UQ WiMAXのお試しレンタルと、BroadWiMAX、GMOとくとくBBの初期契約キャンセルについてまとめてみました。

WiMAX自体のサービスが不安な方はTry WiMAXがおすすめですが、WiMAXの使用をすでに決めているならBroadWiMAXやGMOとくとくBBがおすすめですよ!
つながるかどうかさえわかればそのまま契約を続けられますので、日数を気にしたり返送しに行かなければいけなかったりなどの手間がありません。

WiMAXのデメリットは多額の違約金とも言われていますが、実は紹介した通りのサービスもあるんです。初めての方や通信が不安な方も、これで安心してお申し込みできると思います!
Try WiMAXでは「ただ使ってみたいだけ」なんて理由でもOK。2泊3日程度の旅行でも、返却日数に気をつければ利用できるかもしれませんね。

WiMAXの契約を検討している方はぜひ上記のサービスを利用してみてください!