WiMAX徹底比較

WiMAXプロバイダーを徹底比較&ランキング!
WiMAX比較&ランキング!ワイマックス.jp > 必読!WiMAXの仕組みとWiMAXでできること

必読!WiMAXの仕組みとWiMAXでできること

スマートフォンとタブレット

今ではスマートフォンやタブレットが広く普及し、街中でインターネットにつなぐことは当たり前の世の中になっています。

でも、動画サイトの読み込みが遅かったり曲のダウンロードに時間がかかったりすることも多いですよね。さらに使いすぎると速度制限がかかってしまってなんにもできない!なんてことも。

WiMAXとは、このインターネットをより快適に使用できるインターネットの回線のことです。
いつも使っているインターネットとどう違うの?回線って何?

詳しくは以下でご説明します。

このページでわかること

  • 4G/LTEとWiMAXの違い
  • WiMAXの特徴
  • WiMAXを契約するために必要なこと
  • WiMAXでできること

いつも使っているインターネットとは?

みなさんがいつも使っているインターネット回線には3G、4GLTEという名前がついています。スマホを持っている方ならなんとなくわかりますよね。

国が携帯会社の回線に電波を割り当てており、それを携帯電話会社が私たちに提供してくれています。なので、携帯電話会社と契約すれば自動的にこれらの回線につなげることができます。
携帯を解約すると圏外になるのは、提供されている電波を使用できなくなるからなんですね。

3G回線は以前まで使われていたもので、エリアはほとんどの地域をカバーしていますが速度も遅く、現在はあまり使用されていません。

現在主に使われているのは4GLTE回線です。都市部を中心にどんどん使用エリアがひろがり、まだ山間部などでは使用できない所はありますが、3G回線よりも高速で快適にインターネットが使える回線となっています。3Gの上位互換といったものでしょうか。

4GとLTEは厳密に言うと別ものなのですが、回線を提供している会社によって呼び方が違うだけで同じもの考えて大丈夫です。

3G回線と4GLTE回線、この二つは各携帯電話会社だけが持っている回線です。電話をするときにもこの回線を使用しています。 一般的にはこの二つの回線を使って、私たちはスマートフォンやタブレットからインターネットに接続したり、電話をしたりしているわけです。

じゃあWiMAXってなんなの?

本題に戻りましょう。

3G回線と4GLTE回線の他に、WiMAX回線があるのです。WiMAXは4GLTE回線よりも速いインターネット接続が可能な回線です。

しかし、4GLTEのようにただスマホやタブレットを契約したからといってWiMAXにつなげられるわけではありません。

つなぐためには別途WiMAXの契約をしなければいけないのです。携帯電話をつかうために携帯電話会社と契約するのと一緒ですね。

WiMAXの特徴

WiMAX回線は4GLTE回線よりも強い電波を使用しているので、重たいデータ(たくさんの画像やきれいな動画)を見たりするのに優れています。そして速度制限がありません!※契約する料金プランよって異なります

4GLTE回線は多くの人が使用しているため、みんなが均等に電波を使えるように制限をかけています。なので一定のデータ量を超えると速度制限がかかってしまいますが、WiMAXには使い放題のプランが用意されているので、そのプランで契約すれば好きなだけインターネットを使用することができます。

しかし、WiMAXは携帯電話回線ではないので電話はできません。WiMAXを契約したからと言って電話の質がよくなるとか、圏外の山の中でも電話ができるとかそういうことはないのでお間違えなく!

WiMAXを契約するには?

WiMAXの仕組み

WiMAXを使用するためには、まずプロバイダーと契約しなければいけません。

プロバイダーというのは、WiMAXの回線を提供してくれる事業者のことです。携帯で例えるならドコモやソフトバンク、auといったところですね。

プロバイダーと契約をしたら、電波を受け取るためのルーターという端末をプロバイダーから購入します。スマホやタブレットだけでは直接WiMAXの電波を受け取ることができないので、このルーターに中継機になってもらうのです。

ルーターがお家に届いたら、すぐにWiMAXを使用することができます!

WiMAXでなにができるの?

WiMAXにつながっているルーターが1台あれば、複数のスマホやパソコンを同時にインターネットにつなげることが可能です。電話回線ではないので、パソコンにもゲーム機にもつなげられちゃいます!

スマホをつなげながらパソコンでもインターネットが使えますし、友達のスマホだってもちろんOKです。使用するルーターによってつなげられる台数は限られていますが、だいたいどのルーターも4台はつなげることができます。

しかし、WiMAXの電波は遠くまでは届かないのでルーターからある程度離れてしまうとつながらなくなってしまいます。お家の中程度なら大丈夫ですが、ルーターを忘れて出掛けてしまった場合などは残念ながらWiMAXは使用できません。出歩く時はルーターを持ち歩かないといけないということです。

まとめ

WiMAXは、

  • 4GLTEとは別の回線である
  • 普段使っている4GLTEよりも速い
  • ルーターという中継機が必要
  • 複数台つなげられる
  • 電話回線ではないのでパソコンやゲーム機にも接続可能

WiMAXがどんなものかお分かりいただけたでしょうか?
他のページではプロバイダーやルーターについても詳しく解説しておりますので是非ご覧ください!