WiMAX徹底比較

WiMAXプロバイダーの月額料金プランを徹底比較&ランキング!
ワイマックス徹底比較 > ネクストモバイルの評判を口コミから徹底調査!他社モバイルwifiとどっちがいい?

ネクストモバイルの評判を口コミから徹底調査!他社モバイルwifiとどっちがいい?

ネクストモバイルの評判を口コミから徹底調査!他社モバイルwifiとどっちがいい?

「いつもスマホの通信制限がかかっちゃう!だけど1GBずつ増やすのはいやだなぁ…」
「WiMAXも速度制限あるんでしょ?」
「WiMAXつながらなかった(エリア外だった)んだけど」

そんな方におすすめなのが、NEXTmobile(ネクストモバイル)というモバイルwifiです。

  • 速度制限なし
  • WiMAXより対応エリアが広い
  • 1GBずつ増やすより安い

という人気のネクストモバイルですが、実際はどうなのでしょうか?実際に契約をして、いろんなところで速度計測してみました。料金から速度まで、またWiMAXとどっちがいいか迷っている方も、このページを見れば結論がでます。

また、使用者のリアルな口コミや評判も掲載しています!さっそく見ていきましょう!

実際にNEXTmobile(ネクストモバイル)を契約してみた

いくら調べたところで実際に使ってみなければ使用感はわかりません。ネクストモバイルは本当にいいのか?契約から実際に使用するまでの手順を解説&検証していきます!

WEBサイトから申し込み

ネクストモバイルは公式サイトから申し込みができます。サイトの申し込みフォームからプラン、端末、オプションの有無を選択します。今回は「30GBプラン」「FS030W端末」「オプション無し」で契約をしました。

後は住所や支払い方法を入力したら申し込みは完了です!申し込みをすると、入力したアドレス宛に申し込み受付完了メールが届きます。

確認の電話が来る

WEBでの申し込み完了後、1時間もせずにネクストモバイルから申し込み確認の電話がきました。

オプションを選択していなかったので、「オプションの加入は申込み完了後はできませんが、よろしいでしょうか?」という最終確認も行ってくれました。今回は不要だったのでその旨を伝えました。

端末の発送もここでいつ頃になるか教えてもらえます。現在は申込みが混みあっているようで、3日後に発送し4日目に到着予定とのこと。

発送の遅れについて丁寧な謝罪をいただき、またオプション加入についても強引な勧誘はなくとても好感の持てる対応でした!

電話での確認が済んだ後、すぐに申し込み完了メールが届きました。WEBでの申し込み→電話での確認→申し込み完了までとてもスピーディーでしたね。

ルーター到着!

電話で聞いた日付通りにルーターが到着しました!早速開封していきます。
段ボールはノートパソコンくらいの大きさなので、コンビニ受け取りでも持って帰れる大きさです。

ネクストモバイルのルーター到着

中には申し込み内容についての書類と、端末本体、付属品が入っています。

ルーターと付属品

ルーターにSIMカードをはめる

それでは、ルーターのクイックスタートガイドに沿って設定していきましょう。

まずSIMカードを台紙から取り外します。少し力をいれれば簡単にとれますよ。ネクストモバイルのSIMカードはmicroSIMなので、台紙から外したあとさらに一段階小さく切り取ります(こちらも手で出来ます)。

ネクストモバイルのSIMカード

ルーターの背面をスライドさせて開けます。

SIMカード入れ方

さらに中にある金属カバーを"Open"の方向にスライドさせて開きます。これがなかなか難しい…。

SIMカード設定

カバー内に先ほど取り外したSIMカードを置き、カバーをもとに戻します。SIMカードは本当に置くだけなので、カバーを戻す時にずれないように注意してください。

設定完了

SIMカードを入れたら、その上から電池パックをはめましょう。これで本体の準備は完了です!

電源を入れて設定

中央のボタンを長押しして電源を入れます。「APN自動設定中」とある通り、APN設定は自動で行ってくれますのでご安心ください。

ネクストモバイルAPN設定

スマホとつなげてみる

APN設定が終わると、電波が入り電源ボタンが緑色に光ります。この状態になったら電源ボタンを一度押し、接続情報を表示しましょう。

ネクストモバイルの接続方法

「プライマリSSID」がネットワーク名で、「プライマリKey」は接続時のパスワードです。スマホやパソコンでこのルーターに接続したい時は、このプライマリSSIDと同じネットワーク名を選択して、パスワードを入力します。

接続完了

これで接続完了です!

補足:ルーターFS030Wの大きさ

画像をみてわかる通り、FS030Wはとてもコンパクトなルーターです。女性の手のひらに収まる大きさですね。他のモバイルwifiルーターと並べてみました。

FS030WとW05の大きさ比較(正面)

FS030WとW05の大きさ比較(横)

比べているのはWiMAXルーターのW05です。重さは気持ちFS030Wのほうが重たいかな…?という感じでした。

FS030Wのほうが厚みが若干ありますが、正方形で小さいのでカバンの中でも邪魔になりません。使用している間は少し熱を持ちますが、これはどのルーターでも一緒ですね。

ネクストモバイルの速度は?実際に測ってみた

使用感はどんなものか測るために、実際に速度を計測してみました。今回は比較対象として、WiMAX(ルーター:W05)も同時に計測しています。何度か計測を行い、明らかにおかしい数値は除いて掲載しています。

東京駅(外)

ネクストモバイルとWiMAXの速度を比較(東京駅外)

人が多い東京駅の外で計測。なんとWiMAXよりもネクストモバイルが倍以上の速さとなりました!

東京駅(地下)

ネクストモバイルとWiMAXの速度を比較(東京駅地下)

続いて、よく電波が途切れやすい地下で計測。WiMAXの電波はもともと地下に弱いので、5Mbpsという結果に。ネクストモバイルも多少速度が落ちましたが、WiMAXの3倍の15Mbpsは出ています。

新宿(丸の内線ホーム)

ネクストモバイルとWiMAXの速度を比較(新宿丸ノ内線)

次は少し移動して新宿へ。利用者の多い丸ノ内線ホームで計測してみました。ここでもネクストモバイルのほうが速度がでていますね。


ルーターだけを見ると、ネクストモバイルのFS030Wは150Mbps、WiMAXのW05は758Mbpsと圧倒的にWiMAXの方が速いように見えますが、実際はその時の環境や電波状況によるのでそこまで速度は変わりません。

今回外でもWiMAXの方が遅かったことには正直びっくりしましたが、WiMAXは利用者が多い場所では回線が混雑することがあるので、たまたまの可能性もありますね。とはいっても5MbpsあればYoutubeのHD画質がストレスなく見れるのでそこまで問題はないでしょう。

口コミの紹介

評判のいい口コミ

評判が悪い口コミ

口コミの評判と使ってみた感想まとめ

ネクストモバイルでTwitterを検索してみると、やはりWiMAXとネクストモバイルで迷っている方が多かったです。WiMAXがエリア外だった、エリア判定が△だった、という理由からネクストモバイルを検討されている方が多いようです。

実際に口コミを見てみると、問題なく使えてる方がほとんどですね。比較的最近の口コミを探していましたが、ネガティブな口コミで多かったのは「ギガ数が足りない」というものでした。また、ping値が高いというものも。

ギガ数はプランによって異なりますので、毎月どのくらいデータ通信量を使っているかを確認してからプランを選びましょう。申し込み後はプランを変更することができません。

実際に使ってみた感想としては、特に遅いと感じることもなくストレスフリーで通信できました。東京駅、新宿駅のほかに自宅や通勤中にも使用しましたが、通信が途切れることはありませんでしたね。YoutubeやNetflixも高画質で見れます。

ギガ数さえ越えなければ、安くて使いやすい、文句なしのモバイルwifiなのではないでしょうか。

補足:ping値とは?

ping値とは、「ユーザーとサーバー間の反応速度を示す値」のことです。50ms以下だと早く、それ以上は遅いと言われています。数値が大きいほど反応速度が遅くなり、キーボードやボタンを押しても遅れて反応する、いわゆる「タイムラグ」が発生します。

なので、オンラインゲームなどを頻繁にやる方はping値に注意しましょう。ネクストモバイルやWiMAXで問題なくゲームができる方もいますが、環境によってはping値が大きくなる可能性も。ping値が安定しているほうがいい、という方にはやはり固定回線がおすすめです。

ネクストモバイルのプランと料金

プランはGB数で分かれています。20GB、30GB、50GBの3種類です。

ルーター FS030WHT100LN
FS030W・HT100LN
プラン 20GB 30GB 50GB
1~12カ月 2,981円 3,769円 3,769円
13~24カ月 2,981円 3,769円 5,270円
25カ月目以降 3,991円 3,991円 6,280円
1GBあたりの使用料 149円 126円 105円
2年間総額 7万1,544円 9万456円 10万8,468円
速度制限 なし なし なし
初期費用 0円 0円 0円
事務手数料 3,000円 3,000円 3,000円
契約年数 2年 2年 2年
お支払方法 クレジットカード クレジットカード
口座振替
クレジットカード
※ プラン上限を超えると速度制限がかかります

まず、ギガ数でプランが分かれているということはデータ通信量に上限があるということです。速度制限はありませんが、データ通信量は制限があるんですね。

料金は20GBプランだとなんと3,000円以下という安さです!1GBあたりの使用量も100円台、スマホで1GB追加すると1,000円かかるので、比べるとかなりお得になっています。

しかし、どのプランも25カ月目以降(2年目以降)は割高になりますので、正直おすすめできません。50GBプランだと6,000円近くになるのでスマホのプラン料金と変わりませんね。

ルーター端末はキャンペーンで無料となっているので、初月にかかるのは事務手数料のみです。契約した月の料金は日割りで請求されます。

お支払方法は、30GBプランのみクレジットカードと口座振替が可能です。20GBプランと50GBプランはクレジットカードのみとなりますのでご注意ください。口座振替は振込手数料が別途200円かかります。この手数料はどのモバイルwifiでも発生するので比較する必要はありません。

他社モバイルwifi・各キャリアと料金を比較!

他社モバイルwifiと比較

WiMAX以外のモバイルwifiと料金・速度などを比較しました。ネクストモバイルと同じく、スマホのキャリア回線を使用したモバイルwifiです。

ネクストモバイル
ネクストモバイル
Y!mobile
Y!mobile
ドコモポケットwifi
ドコモポケットwifi
auポケットwifi
auポケットwifi
データ通信量 50GB 7GB 5GB 7GB
契約年数 2年 3年 2年 2年
1~12カ月目 3,769円 3,991円 6,912円 4,730円
13~24カ月目 5,270円 3,991円 6,912円 4,730円
25カ月目以降 6,270円 3,991円 6,912円 4,730円
2年総額 10万8,468円 -円 16万5,888円 11万3,520円
3年総額 -円 14万3,676円 -円 -円
最大通信速度 150Mbps 972Mbps 1.2Gbps 1.2Gbps
速度制限条件 なし なし なし 3日で10GB
回線 ソフトバンク回線 ソフトバンク回線 ドコモ回線 WiMAX回線

まず、一番データ通信量が多いのはネクストモバイルです。他のモバイルwifiが5GB・7GBなのと比べて50GBまで、しかも速度制限なしで使用することができます。(ギガ数がプラン上限を超えると低速(128Kbps)になりますのでご注意ください)

料金も圧倒的にネクストモバイルが安いですね。データ通信量も多くて料金も安い、この時点で他のモバイルwifiを選ぶ理由はありません。

一点気になるとすれば速度です。各キャリアのルーターは1Gbps前後であるのに対し、ネクストモバイルのルーターは150Mbpsとなっています。しかし、この最大通信速度はベストエフォート型と言って「理論的にはこの数値まで出る」というもの。もっとわかりやすく言えば、「最大でここまで出すことができるだけで、絶対この速度が出るわけではない」ということです。

上記の速度検証で分かった通り、実際はここまで出ることはあり得ません。いくらルーターの性能が高くても、電波自体が届いてなければ意味ないんですね。

なので、ルーターの最大通信速度はそこまで気にする必要はありません。5bpsも出ていればストレスなく通信できます。

スマホキャリアのプラン料金と比較

そもそもモバイルwifiを持たずに、スマホのデータ通信量を増やせばいくらになるのか?ネクストモバイルとキャリア3社を比較してみました。

ネクストモバイル
ネクストモバイル

au

ドコモ

ソフトバンク
20GB
料金
2,981円 データ定額20
6,480円
ウルトラデータL
6,480円
ミニモンスター
6,998円
30GB
料金
3,769円 データ定額30
8,640円
ウルトラデータLL
8,640円
ウルトラギガモンスター+
7,560円
50GB
料金
5,815円 データ定額30
8,640円
ウルトラデータLL
8,640円
ウルトラギガモンスター+
7,560円
※50GBまで使用可能

見ればわかる通り、ネクストモバイルが圧倒的な安さですね。

スマホキャリアは20GBの時点で6,000円越えなので、ネクストモバイルの約2倍です。これならデータ通信パックは付けずにネクストモバイルを持ち歩いた方が断然お得です。ひと月3,000円以上となると、1年で4万円近く浮くことになります。

30GBも50GBも各キャリアは7,000~8,000円とかなり高め。ネクストモバイルなら携帯だけではなくパソコンやゲーム機もつなげることができますので、今までテザリングしていた方にもおすすめですよ。

ネクストモバイルだと、ルーターを持ち歩かないといけないという点がネックですが、ここまで大幅に節約ができるならキャリアでデータ通信量を買う必要はないですよね…。

20GBまではいかないけど、10GB以上は欲しいな…なんて方は絶対にネクストモバイルがおすすめですよ!

ネクストモバイルとWiMAXを徹底比較!

ネクストモバイルの他に、もう一つおすすめのモバイルwifiがあります。それは、WiMAXです。

WiMAXは、UQコミュニケーションズという会社が提供しているインターネット通信サービスです。速度も速く、データー通信量の上限が無制限、さらに安いという点から、現在かなりの人気があります。

ルーターの電源を入れるだけで使えるので、固定回線を解約してWiMAXを契約する方も増えているほど。

いいところだらけのWiMAXですが、ネクストモバイルとは大きな違いがあります。ここからはWiMAXとの違い、料金の比較を行っていきます。

ネクストモバイルとWiMAXの違い

使用している回線が異なる

ネクストモバイルがソフトバンク回線を使用しているのに対し、WiMAXはWiMAX2+回線という独自の回線を使用しています。

ソフトバンク回線の電波は障害物や回り込みに強く、壁や地面があっても比較的繋がりやすいという特性があります。しかし、WiMAX2+回線は障害物に弱く電波もまっすぐに飛ぶので、建物の中や地下は繋がりづらい特性があります。

よって、WiMAXはネクストモバイルより場所や環境に左右されやすいです。

対応エリアが異なる

ネクストモバイルの対応エリア

WiMAXの対応エリア

回線が異なるため、対応しているエリアも異なります。WiMAX2+回線もエリアがどんどん拡大していってますが、それでもネクストモバイルのソフトバンク回線と比べるとエリアは狭いです。

上記の画像は2019年2月現在の北海道の対応エリアです。色のついている部分が繋がるエリアになります。比べてみると、ソフトバンク回線のほうが圧倒的につながるエリアが広いことがわかります。

どちらも契約する前に、しっかりとエリア判定を行いましょう!WiMAXが対応エリア外でも、ネクストモバイルなら電波が入る可能性は十分にあります。

最大データ通信量が異なる

ネクストモバイルのプランは最大50GBまでなのに対し、WiMAXはなんと条件なしの無制限。100GB使っても料金は変わりません。

ネクストモバイルとWiMAX(ギガ放題)の料金を比較

比較するプランは、データ通信量が無制限のギガ放題プランです。

今回は当サイトでも一番おすすめのJP WiMAXというプロバイダで比較しています。

ネクストモバイル
ネクストモバイル
JPWiMAX
JP WiMAX
データ通信量 50GB 無制限
1~2カ月目 3,769円 3,024円
3~12カ月目 3,769円 3,780円
13~24カ月目 5,270円 3,780円
25カ月目以降 6,280円 4,428円
2年総額 10万8,468円 -円
3年総額 -円 12万8,344円
最大通信速度 150Mbps 1.2Gbps
速度制限条件 なし 3日で10GB
回線 ソフトバンク回線 WiMAX2+回線
au 4GLTE回線
契約年数 2年 3年

WiMAXはネクストモバイルと違ってデータ通信量の上限がありません。さらに最新ルーターなら最大通信速度も1.2Gbpsと、150Mbpsの8倍となっています。契約は2年契約がなく、3年契約のみになってしまいますが、それでもネクストモバイルと2万円ほどしか差がありません。

よって、コスパを優先するとWiMAXがお得ということになります!

しかし、WiMAXの弱点は対応エリアがソフトバンク回線より狭いことです。地下や山間部はまだ電波が届かず、住んでいる場所によっても電波の強さが左右されます。

また、データ使用量の上限はありませんが、3日で10GB以上使用すると一時的に速度制限がかかります。速度制限は10GBを超えた日の翌日18時~翌2時ごろまでの8時間程度となっております。

一気に使いすぎると制限がかかってしまうということですね。とは言っても、3日で10GBはよっぽど使用しなければ超えません。

ネクストモバイルには3日で10GBなどの速度制限はありません。月の上限は50GBですが、3日で10GB使用しても20GB使用しても制限はかからないんですね。契約が2年なのもうれしいところです。

ネクストモバイルのメリット・デメリット

スマホキャリアのプラン・WiMAX・他モバイルwifiと比べると、ネクストモバイルのメリットは

ネクストモバイルのメリット

  • ソフトバンク回線だから広範囲のエリアをカバー
  • 地下や山間部でもつながりやすい
  • 1日に〇GB使っても速度制限はなし
  • 2年契約ができる
  • 20GBプランならかなり安い
  • 口座振替が可能

ソフトバンク回線なのでWiMAXよりも対応エリアが広く、WiMAXが苦手な地下や山間部でも比較的つながりやすくなっています。仮にWiMAXのピンポイントエリア判定で「△」や「×」でも、ネクストモバイルならつながる可能性が高いです。

キャリアのポケットwifiと比べると使えるデータ使用量は圧倒的に多いです。3日で10GB使用するとかかってしまう速度制限がないのも魅力的ですね!

また、30GBプランのみになりますが口座振替での支払いが可能です。多くのモバイルwifiはクレジットカードでの支払いがほとんどなので、口座振替で探している方にもおすすめです。

ネクストモバイルのデメリット

  • データ使用量に上限がある
  • ping値が大きい
  • 途中でプラン変更ができない
  • 2年を過ぎると月額料金が高くなる

安くて魅力的なネクストモバイルですが、「毎日長時間、高画質動画を見る」「オンラインゲームで使用する」などといったヘビーユーザーにはあまりおすすめできません。

プランのデータ通信量を超えてしまうと、速度制限がかかり128Kbpsまで速度が下がります。この速度はスマホで速度制限がかかった時と同じくらいで、動画も見ることができずページすら満足に表示することができません。

一度プランを決めて契約してしまうと、途中で変更ができないため2年間その上限が続きます。プランを選ぶ際は、普段どのくらいデータ通信量を使用しているかを把握してから選びましょう。また、契約期間の2年を過ぎると月額料金が上がってしまう点にも注意してください。

ネクストモバイルとWiMAXで迷っている方へ

ネクストモバイルの良さはわかったけど、結局WiMAXとどっちがいいの?と迷っている方は以下を判断材料にしてください。

WiMAXは対応エリア内か?

WiMAXはソフトバンク回線よりもエリアのカバー率が低いです。まずは自宅や職場など、自分が利用したい場所がWiMAX対応エリアに含まれているかどうか確認しましょう。

UQWiMAXの公式サイトや、各プロバイダの公式サイトでピンポイントエリア判定ができます。ピンポイントエリア判定とは、入力された住所の電波状況を「〇」「△」「×」で判定してくれるものです。

「〇」の場合は電波が届いており問題なく使用できます。しかし、「△」の場合は電波状況があまり良くなく、繋がらない可能性があります。「×」は電波が届いていないため使用はできません。

「△」や「×」が出てしまった方は、WiMAXではなくネクストモバイルにしましょう。WiMAXを契約しても全く使えない可能性が高いです。

>>WiMAXのエリア判定はこちら

使用場所はどこか?

WiMAXの対応エリア内で、ピンポイントエリア判定が「〇」でも、地下や山奥などでは電波がさえぎられてしまい、十分な速度が出ないことがあります。

地下で使用することが多い方や、移動が多く山奥や新幹線の中で使いたいという方には、電波が安定しているネクストモバイルがおすすめです。

データ使用量はどのくらいか?

データ使用量の上限はプランにもよりますが、ネクストモバイルは最大50GB、WiMAXは無制限です。毎月30GB以上使う!という方はWiMAXをおすすめします。

ネクストモバイルには50GBプランもありますが、50GBプランにするなら正直WiMAXの方がお得です。WiMAXならデータ使用量が無制限で料金も50GBプランよりずっと安く、3,000円台で利用できます。30GBプランと変わらないので、30GBプランを検討している方もWiMAXの方がコスパはいいですよ。


まずはWiMAXのピンポイントエリア判定をやってみましょう。結果が「〇」だった方は、とにかくWiMAXがおすすめです。WiMAXなら、データ使用量無制限で月額料金は3,000円台なので、ネクストモバイルよりもコスパがいいです。

常に地下や山奥などで使う、20GB以上は絶対に使わない、という方は別ですが、それ以外の方は対応エリア内ならWiMAXにしましょう。

「ピンポイントエリア判定は〇だったけど、それでもつながるか不安…」という方はWiMAXのお試し無料レンタルをおすすめします。

  • WiMAX対応エリア内→WiMAXを選ぶ
  • 主に地下や山奥で使う→ネクストモバイルを選ぶ
  • 30GB以上ほしい→WiMAXを選ぶ
  • WiMAXがつながるか不安→無料お試しレンタルをする

ネクストモバイルの解約方法

ネクストモバイルを解約する際は、更新月以外で解約すると違約金が発生します。ネクストモバイルは2年契約なので、更新月は利用を開始した月を0カ月目として25カ月目の月になります。その後は24カ月ごとに更新となります。

もし2019年3月に利用を開始した場合は2021年4月が更新月になり、その後は2023年4月と24カ月後が更新月になります。少しややこしいので注意しましょう。

毎月の解約の締め日は20日となりますので、更新月の20日までに解約しなければいけません。20日を過ぎてしまうと翌月扱いとなり、再び2年契約が自動更新されてしまうので気を付けましょう。

更新月前に解約をすると、利用期間によって下記の違約金が発生します。

0~12カ月 19,000円(税抜き)
13~24カ月 14,000円(税抜き)
25カ月 0円
26カ月~ 9,500円(税抜き)

違約金を払わずに解約するには

初期契約制度を使用しましょう。

モバイルwifiなどは契約後、万が一電波が入らなかったり通信状態が良くない場合は、8日以内に商品を返送することで契約を解除することができます。

ネクストモバイルで初期契約解除制度を使用して解約する場合は、電話で申告するか、もしくは書面を同封してルーター端末を返送します。電話で申告した場合も、端末は返却しないといけません。

ここで注意したいのが、「8日以内」というところです。ルーターが届いてから8日以内に返送すればOKなのではなく、8日以内にネクストモバイル側がルーターを受け取っていなければいけません。

なので、ルーターを受け取ってから8日目に送っても間に合わない可能性が高いです。ルーターを受け取ったらすぐに電波状況を確認し、初期契約解除制度を使用する場合はなるべく早く返送しましょう。

また、この場合免除されるのは違約金のみです。事務手数料の3,240円、受け取ってからの日割り料金、返送するための送料は自分持ちになります。

まとめ

ネクストモバイルの情報や口コミ、他社との比較を行いました。料金やメリット・デメリットから考えると、ネクストモバイルをおすすめできるのは

  • 月のデータ使用量が決まっている人
  • データ使用量無制限まではいらないけど少しは欲しい人
  • 地下や新幹線などでのネット使用が多い人

ネクストモバイルをおすすめできるのは、「データ量は欲しいけど、無制限までは要らない」という方です。データ通信量の多さを重視するならWiMAXですが、WiMAXの対応エリア外だった方にも一番おすすめできるモバイルwifiです。

20GBプランなら3,000円以下で使用できるので、どこのモバイルwifiよりも安くなります。とにかく安くモバイルwifiを持ちたい!という方はネクストモバイル一択ですね。