WiMAX徹底比較

WiMAXプロバイダーの月額料金プランを徹底比較&ランキング!
ワイマックス徹底比較 > 契約前に必ず確認!WiMAXの初期費用はいくらかかる?

契約前に必ず確認!WiMAXの初期費用はいくらかかる?

契約前に必ず確認!WiMAXの初期費用はいくらかかる?

「WiMAXって工事費は無料だけど、ほかになんのお金がかかるの?」と思う方も多いでしょう。

実は、WiMAXの初期費用はプロバイダによって差があります。そのため、コストをおさえたい場合には、プロバイダを比較していくことが重要です。

この記事では、

  • どのくらい初期費用がかかるか
  • プロバイダごとの初期費用の比較
  • ケース別のWiMAXおすすめプロバイダ

について紹介します。この記事を最後までチェックして、お得なプロバイダを選んでくださいね。

初期費用はプロバイダごとに変わってくる

実は、WiMAXの初期費用はプロバイダごとに変わってきます。ここでは、初期費用を大きく3つに分けて紹介していきます。

それぞれの費用が用途に使われておくのかを確認しておくと、プロバイダのサイトを見たときにイメージがしやすいと思います。

端末料金

WiMAXを利用する際には、ルーターという端末が必要です。

その費用として端末料金がかかることがあります。しかし、プロバイダによっては端末をレンタルにすることで端末料金を無料にしているプロバイダや、契約期間を長めにすることで端末料金を無料にしているプロバイダもあります。

そのような場合には端末料金の負担がなくなり、初期費用の負担を少なくすることが可能です。

端末料金がかかる場合には、一括払い分割払いがあります。

一括払いの場合には、端末料金は20,000円くらいかかると考えておくと安心です。分割払いの場合には、頭金があるのか、そうでないのかを確認しましょう。

一方、分割払いの場合には何回払いかを確かめておくとよいでしょう。月額料金に加えて端末料金を払っていくことになるので、厳密には初期費用にはなりませんが確認しておくと安心です。

事務手数料

契約に関わって、ほとんどのプロバイダで事務手数料がかかります。

スマホを契約するときのように、3,000円前後の費用がかかります。事務手数料は基本的に割り引かれないので、必ずかかると思っておくとよいでしょう。

その他手数料

プロバイダによっては、その他初期費用が発生することがあります。月額料金を安くしている分、頭金として料金が発生していることも。

条件を満たすと無料になることもあるので、注意事項や規約をよく確認しておくのがおすすめです。

初期費用を6社で比較!

ここでは、WiMAXのプロバイダの中から6社を選んで紹介します。

それぞれの初期費用がわかりやすいように表でまとめてみました。

プロバイダ 端末代金 事務手数料 その他手数料 合計
BroadWiMAX 0円 3,300円 2万743円
※WEB申込で無料
2万4,043円
※WEB申込の場合3,300円
カシモWiMAX 0円 3,300円 0円 3,300円
GMOとくとくBB 0円 3,300円 0円 3,300円
JPWiMAX 0円
※24カ月目までは端末レンタル
3,300円 0円 3,300円
BIGLOBE 2万1,120円
※口座振替の場合は一括/クレジットの場合には880円×24回
3,300円 0円 ・2万4,420円
(口座振替)
・3,300円
(クレジットカード)
UQWiMAX 1万6,500円 3,300円 0円 1万9,800円

※料金はすべて税込み表記です

BroadWiMAX(ブロードワイマックス)

BroadWiMAX(ブロードワイマックス)

BroadWiMAXは当サイトでもおすすめしているプロバイダです。

最短で申し込み当日にルーターが届くので、「今すぐWiMAXがほしい」という方でも大丈夫!(申込タイミングやお住まいの地域によっては数日かかる可能性もあります)

東京や埼玉、大阪には店舗があるので、配送が待てないというかたは直接取りに行くことも可能!急いでWiMAXが欲しい方にも最適です。

また、月額料金も割引がされているので非常にお得。WiMAXが気に入らなければ光回線やモバイルWi-Fiなどに違約金なしで乗り換えられるのも嬉しい点です。そんなBroadWiMAXの初期費用は合計で2万4,043円です。ただし、条件を満たせば3,300円になります。

その条件は、Webから申し込み、オプション2つに加入(すぐに無料で解除可能)、支払い方法をクレジットカードにすること。オプションの加入が少々ネックですが、これで手数料の2万743円が割引されます。端末購入の料金も無料なので、かかる初期手数料は事務手数料の3,300円のみとなります。

カシモWiMAX

カシモWiMAX

カシモWiMAXは初月の月額基本料金が大きく割り引かれているのが特徴です。ルーターを1つ前の世代のものにすると、初月の月額基本料金も0円となります。

最新のルーターを選んだ場合でも、初月は1,518円(税込)と非常にリーズナブル。はじめの料金を抑えたい方におすすめです。

カシモWiMAXの初期費用は、事務手数料の3,300円のみ。WiMAX導入から初期の費用を抑えたい場合には最適なプロバイダです。

GMOとくとくBB

GMOがとくとくBB

GMOとくとくBBはキャッシュバックが魅力のプロバイダです。最大で3万4,800円のキャッシュバックがあるため、3年間をトータルで見たときに費用を抑えることができるでしょう。

プロバイダとしても20年以上の実績があるので、いざという時のサポートも安心です。キャッシュバックに加えて、2ヶ月目まで料金の割引があるのも魅力ですね。

GMOがとくとくBBも初期費用は事務手数料の3,300円のみ。どの端末も無料です。ただし、キャッシュバック金額が選んだ端末によって変わる点には注意が必要です。

JPWiMAX

JPWiMAX

JPWiMAXはキャッシュバックとしてAmazonギフト券を提供しているプロバイダです。

他のプロバイダと違って、端末を受け取ってからすぐにキャッシュバックを受け取ることができるので、受け取り忘れが防げて安心です。月額基本料金も通常価格から3年間割引を受けることができるため、お得に利用することができます。

JPWiMAXでは端末料金が無料となっていて、24ヶ月目以降は解約しても返却が不要になります。そのため24ヶ月目までは実質レンタルと同じと考えてもよいでしょう。

BIGLOBE(ビッグローブ)

BIGLOBE(ビッグローブ)

BIGLOBEのWiMAXは、大手プロバイダBIGLOBEが提供するサービスです。口座振替にも対応しているので、クレジットカードを持っていない学生の方でも安心して使用できます。

また、10,000円のキャッシュバックも翌月配布と比較的期間が短いのがポイント。キャッシュバックの受け取り忘れも防ぎやすくて安心です。

しかし、表をみてわかる通りBIGLOBEでは初期費用がすこし高めになります。2019年の10月に料金改定が行われ、端末料金とデータ利用料金が分離されたためです。

端末料金は2万1,120円(税込)で、口座振替の場合には一括、クレジットカード払いの場合には24回払いで支払うことになります。分割手数料はかかりません。

初期費用をまとめると、口座振替の方の初期費用合計は2万4,420円で、クレジットカードの場合には3,300円となります。端末代がかかりますが、1年契約のプランがあるため、WiMAXを長く使わないという方かもしれないという方でも安心です。

UQWiMAX

UQWiMAX

UQWiMAXはWiMAX回線を提供する本家の会社です。

サポートやオプションも本家というだけあって充実しており、契約期間がないプランから縛りのあるプランまでさまざまなプランが揃っています。

しかし、BIGLOBEと同様に端末代金がかかってしまいますので注意が必要です。

オンラインショップから契約する場合には、基本的に一括払いで端末料金を支払います。料金はどの機種も16,500円(税込)。その料金と契約手数料がかかるので、初期費用は1万9,800円となります。

WiMAXは初期費用と特典を吟味して選ぶのがお得

ここまで読んでいただくとわかるように、端末代が無料かそうではないかで大きく初期費用が変わります。端末代が無料のプロバイダでは、ほとんど初期費用は変わりませんね。

BIGLOBEWiMAXとUQWiMAXは契約期間の縛りが短い分、端末料金は自分で負担することになるので、端末代分初期費用が高めです。

ただ、端末無料のプロバイダは3年縛りがほとんど。もし3年以内に解約してしまうと、端末代と同じくらいの違約金を支払わなければいけません。

契約期間が短く初期費用が高いプロバイダを選ぶか、契約期間は長いが料金がお得なプロバイダを選ぶか?ライフスタイルにあった方を選びましょう。

以下では、おすすめのプロバイダを2つ紹介します。プロバイダ選びに悩んでいる方は参考にしてみてください。

とにかくお得に使いたい場合にはBroadWiMAXがおすすめ

BroadWiMAX
BroadWiMAXの特徴!
  • 即日発送
  • 店舗受け取りサービス
  • 乗り換え違約金負担サービス
プラン料金 ギガ放題 ライトプラン
初月 2,999円日割り 2,999円日割り
1~2カ月目 2,999円 2,999円
3~24カ月目 3,752円 2,999円
25カ月目以降 4,412円 3,659円
3年間総額 13万5,486円 11万5,884円

月額のコストをおさえたいという方には、BroadWiMAXがおすすめです!

3年契約のうち24ヶ月目まで割引額が大きいので、お得に利用できるのがポイントです。キャッシュバックの受け取り忘れが心配な方や、確実に料金を値引いてほしいという方にもおすすめできます。

端末料金が無料ということはさきほども紹介しましたが、実は最新端末が無料なところも嬉しいポイントです。モバイルルーターもホームルーターも揃っているので、自分に合う端末を選べる点もメリットですね。

端末は最短即日配送なので、早ければ当日~翌日に受け取れる場合もあります。どうしても当日中にほしい場合には、東京・大阪・埼玉の指定店舗にいけば受け取れて開通手続きもできるので便利です。

ただし、店舗の営業時間内でしか受け取りはできないので注意してください。

また、BroadWiMAXでは「いつでも解約サポート」というサポートがあるのも魅力。WiMAXを使ってみたときに、「電波が家に入りにくくて速度が安定しない」「固定回線に切り替えて安定した通信がしたい」などと思うことがあるかもしれません。

そんなときに「いつでも解約サポート」を使うと、固定回線や他社ポケットWiFiなどに違約金なしで切り替えられます。「WiMAXを使ったことがないから、3年も契約してしまうのが不安」という方でも安心して利用できるプロバイダとなっています。

乗り換えを検討する場合には、専門のオペレーターが条件に合わせた回線選びをお手伝いしてくれるので安心。手続きもすべてBroadWiMAXが行ってくれるので、電話だけで回線を切り替えることができます。

月々の料金も割安で、万が一のときのも安心なBroadWiMAXは、当サイトで最もオススメなプロバイダとなっています。

縛りの期間が短いほうがいい人はBIGLOBEがおすすめ

BIGLOBE
BIGLOBEの特徴!
  • 初月は無料!
  • 口座振替も可能!
  • 契約期間は1年から!
プラン料金 ギガ放題
キャッシュバック 1万円
支払方法 クレジット 口座振替
端末代 880円/月 2万1,120円/一括
初月 0円 0円
月額料金 4,378円 4,378円
3年間総額 16万8,728円 17万6,648

縛りの期間が短いほうがいいという場合には、1年契約のBIGLOBEがおすすめです。

1年単位の契約であれば、お試しで使ってみたいという場合にも最適。しかも1年契約プランでは、12ヶ月以内に解約したとしても違約金が1,000円しかかかりません。そのため、解約の際の負担も少なくなっているのが魅力です。

端末料金はかかるものの、キャッシュバックの10,000円があることを考えれば、約半額で端末を購入できます。しかも購入しているので端末の返却をする手間がないのも嬉しい点です。

また、サポート体制が充実しているのもBIGLOBEの特徴。プロバイダを長年運営してきた実績から、あまりインターネットに詳しくない方へのサポート体制も万全です。はじめてWiMAXを利用する方でも安心して利用できますね。

縛りが少ないWiMAXがいいという方には、BIGLOBEWiMAXをおすすめします。

おわりに

本記事では、WiMAXの初期費用を紹介しました。プロバイダの初期費用は、端末料金によって差があるということがおわかりいただけたでしょうか。

端末料金が安いところは契約期間が長いところが多く、端末がかかるところは契約期間が短いことが多いです。また、各プロバイダで特典にも差があります。

初期費用や契約期間、特典も吟味しながら、あなたにぴったりのWiMAXプロバイダを検討するのがおすすめです。