WiMAX徹底比較

WiMAXプロバイダーの月額料金プランを徹底比較&ランキング!
ワイマックス徹底比較 > WiMAXが圏外になった時の確認ポイントと対策方法

WiMAXが圏外になった時の確認ポイントと対策方法

WiMAXが圏外になった時の確認ポイントと対策方法

「Wi-Fiが繋がらない」
「ルーターが圏外になっている」

WiMAXを使っているとまれにこのような状況になります。調べ物をしたい時にこうなってしまうと非常に困りますよね。

ここで確認ポイントと対策を知っていれば、簡単に修復可能です。今回はWiMAXが圏外になった時の確認ポイントと対策方法を紹介します!

これからWiMAXを契約する予定の方、既に契約しているという方は参考にしてください。

WiMAXが圏外になった時の確認ポイント

WiMAXが圏外になった時の確認ポイントは下記の5つです。

  • エリア外で利用している
  • 干渉により一時的に不安定になっている
  • 基地局で通信障害が発生している
  • 置く場所が悪い
  • 端末の故障

圏外になってしまったら、まずは上記を確認してみましょう。ここからは、各確認ポイントをもう少し掘り下げて解説します。

エリア外で利用している

WiMAXは徐々に対応エリアを広げてはいますが、まだ未対応のエリアも多く存在します。

例えば、山間部や過疎地域などではよく圏外になります。そして、栄えているエリアでも屋内だと繋がらないなんてことも。このようにWiMAXが圏外になったら、エリアを移動するなど対策を取った方が良いでしょう。

電波干渉により一時的に不安定になっている

不安定になる原因としては、「他の電波と干渉している」ことが考えられます。

というのも、WiMAXは電波はBluetoothや他のWi-Fiなどから干渉を受けることで、稀に速度が低下することがあるのです。特に、下記のシーンでは特に要注意。

  • Wi-Fiスポット
  • 人で混雑している場所
  • 集合住宅

多くの電波が行き交っている状況では、干渉が発生するので覚えておきましょう。こういった場合は電波帯を変更すれば簡単に解決できることがあります。電波帯の変更方法はこちらでご紹介しています。

ルーターの置き場所が悪い

置き場所によってはエリア内でも圏外になることがあります。Wi-Fiの電波は障害物に非常に弱いので、通信対象との間に障害物があると電波が弱くなってしまいます。

また、バッグに入れている状態など覆われていると途端に電波が弱くなることがあるので、置き場所にも要注意です。

基地局で通信障害が発生している

ごく稀にですが、基地局で通信障害が発生していることがあります。

対応エリアの範囲内であるにもかかわらず圏外になった場合は、UQ WiMAXの障害情報をチェックしましょう。通信障害が起きているなら、ページ内で下記のように記載されます。

障害は早ければ数時間で解消するので、もしも障害のエリア内にいた場合は気長に待ちましょう。

UQWiMAXの障害情報

ルーター端末の故障

上記全てに当てはまらない場合は端末の故障が原因かも知れません。この場合は修理・交換をしてもらうことをおすすめします。

故障かな?と思ったら、まずは契約しているプロバイダの窓口に問い合わせましょう。主なプロバイダのお問い合わせ先をまとめました。

プロバイダ契約時に端末の保証サービスには加入している場合は、無償で交換してくれます。また、保証サービスに加入していなくても購入から1年間はメーカー保証がついていますので、保証書を確認してみましょう。

プロバイダ 問い合わせ先 問い合わせフォーム
JP WiMAX 電話番号:0120-545-618
平日10:00~19:00(年末年始除く)
お問い合わせはこちら
BroadWiMAX 電話番号:050-5212-7322
月~土 11:00~18:00(年末年始除く)
お問い合わせはこちら
カシモWiMAX 電話番号:03-6693-0480
10:00~17:00(年末年始除く)
お問い合わせはこちら
So-net 電話番号:0120-80-7761
9:00~18:00(年始除く)
お問い合わせはこちら
GMOとくとくBB 電話番号:0570-045-109
10:00~19:00
お問い合わせはこちら
BIGLOBE 電話番号:0120-86-0962
年中無休9:00~18:00
お問い合わせはこちら
@nifty 電話番号:0570-03-2210
年中無休10:00~19:00
お問い合わせはこちら
DTI 電話番号:0120-830-501
平日10:00~17:00
お問い合わせはこちら
UQWiMAX 電話番号:0120-929-818
年中無休9:00~21:00
お問い合わせはこちら

すぐできる!WiMAXが圏外になった時の対策方法

すぐできる!WiMAXが圏外になった時の対策方法

WiMAXが圏外になってから、すぐにできる対策方法を紹介します。具体的な対策は以下の4つ。

  • エリア外かチェックして必要なら移動する
  • ルーターの置き場所を変える
  • 通信モードを変える
  • 端末の再起動

各対策方法を下記にて詳しく解説します。

エリア外かチェックして必要なら移動する

まずはサービスエリア外かチェックしてみましょう。現在いる場所が対応エリア内なのかそうでないのかは、UQWiMAXの公式サイトや各プロバイダの公式サイトから確認することができます。

エリア外にいた場合はエリア内に移動しない限り繋がりません。移動してWiMAXが利用できるエリアに入りましょう。

エリア外にいるけどすぐには移動できない!だけどどうしても今使用したい!という場合は、通信モードを「ハイスピードプラスエリアモード」に変更することで使用できるようになる可能性が高いです。ハイスピードプラスエリアモードはWiMAX回線ではなくau 4GLTEを使用するモードなので、auの電波が入るところなら使用することができます。

しかし、こちらのモードのまま7GBまで使用すると、ギガ放題プランの方であっても速度制限がかかります。この速度制限は次月まで解除されません。さらに、現在2年契約されている方に限り、モードを切り替えると1,000円ほど手数料が発生しますのでご注意ください。(3年契約の方は無料で切り替えができます)

ハイスピードプラスエリアモードに切り換えた場合は、使用後に必ずハイスピードモードに戻すことを忘れずに!

エリア内にいるのに圏外になる…という場合は、次の方法を試しましょう。

ルーターの置き場所を変える

エリア内なのに圏外になっている場合、ルーターの置き場所が悪いかも知れません。なので、すぐに移動させることをおすすめします。

その際は、Wi-Fi通信に適した配置を心がけましょう。最適な通信速度を保てる状況は以下の通りです。

最適な設置場所の条件

  • 窓際
  • 高い位置
  • 通信対象との間に障害物がない
  • ルーターを覆っていない(バッグの中も注意)

この条件に当てはまるように設置し直せば、安定した通信環境を獲得できるので、試してみましょう。

通信モードを変える

他のWi-FiやBluetoothとの干渉によって圏外になっているなら、通信モードを変えるのがベストです。

実はWiMAX回線には実は2つの電波が用意されています。電波の切り替えはとっても簡単なので、試してみてください。

方法は初期設定の2.4GHzから5.0GHzに変えるだけ。W06・W05をお使いの場合は、ルーター本体の「設定」>「通信設定」>「Wi-Fi設定」から変更することができます。

通信モードを変える

上記はW05の設定画面です。周波数を5GHzに設定すると注意事項が表示されますが、そこに書かれている通り基本的に屋外で5GHz帯の使用はできません!OKを押すとDFSチェックという、5GHzに変更できる環境かを確認するチェックが入りますので、1分ほど待ちましょう。

無事5GHzにつなげられれば、設定完了です!これで接続不良から電波干渉まで対策可能です。利用も無料なので、電波干渉の疑いがあるのなら通信モードの変更してみましょう。

ルーター・通信端末の再起動

ルーター・通信端末の再起動

最後に端末の再起動もおすすめの対策方法です。一度クリーンアップすれば、次から問題なく繋がるかも知れません。

また、この時通信端末も再起動させておきましょう。理由は圏外の原因が通信端末にある可能性もあるからです。再起動を実行するなら、通信端末とルーターも同時に行うのがおすすめです!

どれもダメな時は端末の修理を検討

どんな方法を実行しても圏外が直らないなら、端末自体が故障している可能性が高いです。なので、一旦修理・交換を検討しましょう。

端末の問い合わせは保証書にかかれている電話番号、または契約プロバイダに連絡しましょう。それか、auショップが窓口になっているため、近くのauショップで相談しましょう。

まとめ

以上がWiMAXが圏外になった時の確認ポイントと対策方法です。圏外になるのには理由があります。

少しでも「あれ?」と思うところがあれば、確認ポイントと対策方法を参考に解決させましょう!契約更新が近い方は、ルーターを最新端末に変えたり、思い切ってプロバイダを変えてみるのも手かもしれません。

プロバイダによってつながりやすさが変わるわけではありませんが、多くの場合は料金が安くなります。下記の記事も参考にしてみてくださいね。